今、おすすめの乳酸菌は?

はじめに

様々な乳酸菌が入った食品やサプリメントが販売されていて、どれを購入するか迷ってしまいますね。 この記事では効果、続けやすさ、価格などの面から特におすすめの乳酸菌を5つご紹介します。

LKM512

LKM512は1日あたり30億個摂ると、2週間後には便100g中に2000億個いるというように、お腹の中で増えます。

マウスの実験で寿命が延び、高齢になっても若いマウスのような毛並みが維持されていた、腸に宿便がなくきれいな状態であったというように、アンチエイジング効果も報告されています。 この乳酸菌はサプリメントで販売されていて、原産国はデンマークです。

シールド乳酸菌

シールド乳酸菌はインフルエンザ予防効果があり、サプリメントや納豆についている調味料で摂ることができます。 調味料にシールドが100億個配合されている納豆は、インフルエンザの予防効果があるS-903納豆菌により作られています。

シールド乳酸菌入りタレがついた納豆はアレルゲンに乳の表示はなく、タレとカラシを含めたナトリウム量も206mgと少なめなので、乳製品が苦手な方や減塩中の方にも適しています。

フェカリスFK-23株

エンテロコッカス・フェカリス菌FK23株はコレステロール・中性脂肪低下、抗腫瘍、感染症予防、抗がん剤の副作用軽減などの研究結果が報告されています。

フェカリスFK-23株はサプリメントや無糖炭酸水に含まれていて、乳酸菌飲料を薄めたようなおいしい味がします。 無糖炭酸水はノンカロリーのため生活習慣病やダイエット中の方にも適しています。

L8020

L8020乳酸菌は広島大学大学院における研究で、虫歯になったことがない子どもの口内から発見され、むし歯菌、歯周病菌、カンジダ菌の成長を抑制します。 タブレットや加糖カップヨーグルトで摂ることができ、タブレットは歯磨き後や就寝前にゆっくりなめて溶かします。

スマート乳酸菌

スマート乳酸菌(ラクトバチルス・プランタラム22A‐3株)はカテキンの吸収率を高める効果があり、スティックタイプのゼリーで摂ることができます。 他のポリフェノールの吸収力も高めるのではないかと研究されています。

上記で紹介した種類の他にも生きたまま腸に届きやすい乳酸菌や風邪予防に効果的な乳酸菌などもあります。
参考URL http://www.nflflag.jp/kyounitodokiyasui.html
あなたに合った種類を見つけ毎日摂り続けましょう。