腸内にたくさんの乳酸菌

はじめに

腸内には多数の乳酸菌がいますが、どのような働きをしているのでしょうか。 この記事では腸内にいる乳酸菌の働きや種類をまとめます。

腸内にいる乳酸菌の役割と種類

腸内にいる菌は体に良い影響をもたらす「善玉菌」、体に悪い影響を与える「悪玉菌」、両方の作用をもつ「日和見菌」に分類できます。

善玉菌は腸内細菌の2割程度を占めています。代表はフェカリス菌やアシドフィルス菌などの乳酸菌です。 日和見菌は腸内細菌の7割程度を占め、善玉菌と悪玉菌の優勢なほうと同じ作用をすることがあります。

腸内にはアシドフィルス菌、カゼイ菌、ブレビス菌(ラブレ菌)などの乳酸菌のほか、ビフィダム菌、ロンガム菌、ブレーベ菌などのビフィズス菌が存在しています。 ブルガリア菌、ラクチス菌、サーモフィラス菌、クレモシル菌などは発酵乳に含まれる乳酸菌で、腸内の善玉菌を増やし整腸作用があります。

便に含まれるビフィズス菌の割合は乳児のときがピークで加齢につれて減っていきますが、乳酸桿菌(かんきん)の割合は成年期から老年期にかけて増える傾向があります。

腸内細菌のバランスは生活習慣により変わり、ストレスを受けるとバランスが悪くなります。 発酵食品、食物繊維、オリゴ糖など乳酸菌のエサになる食品を摂取し、規則正しい生活を送ると腸内細菌のバランスが良くなります。
参考URLhttp://fls.moo.jp/wdiary/200311.html
上記サイトにも詳しく書かれていますが、乳酸菌を多く含む食品は和食に良く使われているため、和食中心の食事をしていると意識しなくても自然と摂ることができます。

腸内の乳酸菌は健康に影響する

腸内には100兆個、重さ1kgの細菌がいるといわれていて、そのバランスが健康状態に影響を与えており、腸内の乳酸菌は便通、免疫、肥満、消化吸収などに関係しています。

アレルギー、肥満、糖尿病などの病気をもっている人の腸内に存在する乳酸菌群には偏りがあることが分かっていて、アメリカでは感染症などに対して健康な方の腸内細菌を移植する治療法が行われています。

またマウスに太った人または瘦せた人の乳酸菌を移植すると、食餌量を変えていないのにマウスが太ったまたは瘦せたという結果が報告されています。