乳酸菌の定義

はじめに

発酵食品には乳酸菌が含まれていますが、乳酸菌とビフィズス菌のどこが違うのでしょうか。 この記事では乳酸菌の定義や分類をご説明します。

乳酸菌の定義と働き

乳酸菌はブドウ糖を原料として主に乳酸を生成する細菌の総称で、250種類以上が確認されています。 乳酸菌は有毒な物質を生成しない安全な細菌群で、人や動物の腸内に存在し、乳製品http://ringworld.x0.com/01.htmlや発酵食品づくりhttp://ryouhokudengyousha.jp/nihonnjinn.htmlに利用されています。

乳酸菌は酸素があっても生育できますが、ビフィズス菌は酸素があると生育できないという違いがあります。 また乳酸菌は酢酸を生成しませんが、ビフィズス菌は乳酸と酢酸を生成する点も異なっています。

乳酸菌は人の腸内でビタミンや乳酸を生成し、整腸作用や消化吸収促進作用をもつ「善玉菌」の一種です。 それに対して、消化作用のみもつ腸内細菌を「中間菌」と呼び、有害物質を生成して腐敗させる菌を「悪玉菌」と呼びます。

一般的に乳酸菌は胞子をもたないものと定義されますが、胞子をもつ「有胞子性乳酸菌」も発見され、食品やサプリメントになっています。

胞子は殻に包まれているため熱や酸に強く腸に届きやすい性質をもっています。 有胞子性乳酸菌はもともと腸内に存在しておらず、継続的に摂取しなければ1週間程度で排出されます。

乳酸菌の分類

乳酸菌は細胞膜が厚い「グラム陽性菌」の一種で、乳酸菌は数珠のような形をしている「乳酸球菌」と、細長い形をしている「乳酸桿菌(かんきん)」に分類できます。

乳酸球菌は

  • フェカリス菌(エンテロコッカス・フェカリス)
  • サーモフィラス菌(ストレプトコッカス・サーモフィラス)
  • ラクチス菌(ラクトコッカス・ラクチス)

乳酸桿菌は

  • アシドフィルス菌
  • ブルガリア菌
  • カゼイ菌
  • ラブレ菌(ラクトバチルス・ブレビス)

などです。

ブルガリア菌とサーモフィラス菌はヨーグルトを作る代表的な乳酸菌です。アシドフィルス菌、カゼイ菌、ラブレ菌は腸内に存在し、腸管系乳酸菌に分類されています。 ラブレ菌について詳しくはこちらをご覧下さい。
参考URLhttp://www.istanbulhotelscenter.com/07.html