乳酸菌のカプセル

はじめに

乳酸菌やビフィズス菌は色々なカプセルタイプのサプリメントに加工されていますが、なかには酸に強いカプセルに入れた商品も販売されています。この記事ではそのような乳酸菌・ビフィズス菌とその特徴をまとめます。

耐酸性カプセルに包まれている乳酸菌・ビフィズス菌

乳酸菌・ビフィズス菌が酸に強いカプセルに入っているサプリメント6商品(日本製5商品、アメリカ製1商品)をみると、以下の種類が含まれています。1商品に1~8種類の菌が配合されていて、サプリメントとして珍しい菌もあります。

  • ビフィズス菌ロンガム種
    ビフィズス菌ロンガム種50億個を2週間摂取すると、便中のアンモニアが減少したという結果が報告されている。
    胃酸に強く3層の保護膜をもつカプセルに入れた、スティックタイプの機能性表示食品が販売されている。
    ビフィズス菌ロンガム種をカプセルに入れずに空腹時を想定した人工胃液の中に2時間入れたところ、生存率は0.00007%以下だったが、このカプセルに入れた場合は生存率が約90%だった。
  • ビフィズス菌SP株
    ビフィズス菌を腸溶性カプセルに入れ、加糖タイプのヨーグルトとドリンクヨーグルトにしてあり、粒をかまないことが効果的な食べ方。
  • ラクリス菌
    酸と熱に強い有胞子性乳酸菌。
  • カゼイ菌K-1株
    カゼイ菌K-1株は米から分離した植物性乳酸菌で、整腸作用や遺伝子変異の原因物質除去作用をもっている。
  • ナノ乳酸菌
    ナノ乳酸菌は小腸に取り込まれやすく、免疫機能を調節する。
  • ライラック乳酸菌(バチルスコアグランス・ライラック01株)
    納豆菌の仲間である有胞子性乳酸菌で、便の臭いが減ったという研究結果が報告されている。サプリメントは北海道食品機能性表示制度(ヘルシーDo)のマークつき。
  • キムチ乳酸菌
  • ラブレ菌
  • フェカリス菌EC-12株
  • ヘルベティカス菌
  • ブルガリクス菌
  • カゼリ菌
  • アシドフィルス菌
  • ラムノサス菌
  • ペディオコッカス菌
  • ラクティス菌

サプリメントなら持ち運びが可能ですし、1日数粒飲むだけでいいので、忙しい毎日を送っている方にもおすすめです。
参考URLhttp://www.macawapp.com/sapurimento.html
乳酸菌サプリメントをを活用するメリットはこちらにも載っています。

終わりに

酸に強い菌を耐酸性カプセルで包むと鬼に金棒です。ぜひ自分に合う乳酸菌カプセルを見つけてください。
参考URLhttp://www.prescottarts.org/poinnto.html
こちらに乳酸菌サプリメントを選ぶときのポイントが書かれています。
併せてぜひご覧ください。